ボランティア、慢性疾患...

ボランティアとはどのようなものですか?@

ボランティアというのは、
本来は自由意志、喜びの精神の意味だったのですが、

 

現在では広く、
社会貢献とか社会奉仕活動などを意味します。

ボランティアとはどのようなものですか?A

具体的には、
医療、福祉、教育、環境、災害復興など
様々な社会的領域での活動があります。

 

また、社会福祉分野においては、
施設や地域での援助活動などがあります。

ボランティアの理念とはどのようなものですか?

ボランティアに貫かれる理念としては、次のようなものがあります。

 

■自主性 
■自発性 
■自己表現
■無償性 
■連帯性 
■共同性...など

 

スポンサーリンク

ボランティアセンターとはどのようなものですか?

ボランティアセンターというのは、
社会福祉協議会などに設置されている、
ボランティア活動を支援するための機関のことをいいます。

 

ここでは、
ボランティア参加の啓発やきっかけづくりなど

 

地域におけるネットワーク作りや、
プログラム開発などを行っています。

 

なお、ボランティアセンターは、
全国レベル、都道府県レベル、市町村レベルに設置されています。

慢性疾患とはどのようなものですか?

慢性疾患というのは、
一般に慢性的な長期の経過をたどる疾患のことをいいます。

 

また、慢性疾患は、
急激な病状の変化は少ないのですが、
完治も困難なものが多いです。

慢性疾患の種類は?

慢性疾患には、次のようなものがあります。

 

■慢性肝炎のように急性期から慢性期へ移行したもの
■慢性関節リウマチのように、徐々に病状が進行するもの
■糖尿病のように治療に長期間を要するもの

 

スポンサーリンク