母子生活支援施設、母子福祉センター、母子保健法、補足性の原理...

母子生活支援施設とはどのようなものですか?

母子生活支援施設というのは、
児童福祉法に基づく児童福祉施設の1つです。

 

なお、この母子生活支援施設の目的は、
配偶者のない女子あるいはこれに準ずる事情にある女子、
およびその者が扶養している児童を、

 

母子ともに受け入れ、
保護するとともに、
精神面のケアや自立を促進することにあります。

母子福祉センターとはどのようなものですか?

母子福祉センターというのは、
母子及び寡婦福祉法に基づく母子福祉施設の1つです。

 

なお、この母子福祉センターの目的は、
無料または低額な料金で、
母子家庭の相談に応じ、

 

生活の指導や生業への助言を行うなど、
母子家庭に総合的な福祉援助を行うことにあります。

母子保健法とはどのようなものですか?

母子保健法というのは、
1965年に制定されたもので、

 

保健指導や健康診査、
栄養摂取に関する援助や母子健康手帳の交付など
母子保健対策について示した法律です。

 

この母子保健法は、
母性や乳幼児の健康の保持・増進を図るための法律です。

 

なお、1994年に
事業の実施主体を市町村に大きく移す改正が行われました。

 

スポンサーリンク

補足性の原理とはどのようなものですか?

補足性の原理というのは、
生活保護法第4条に示される原理の1つです。

 

利用しうる資産や労働能力などを活用しても
なお十分な生活を営むことができない場合に、
保護を受けることができます。

ホスピスとはどのようなものですか?

ホスピスというのは、
専門的なターミナルケアを行うための
医療施設のことをいいます。

ホスピスの種類は?

ホスピスには、次のようなものがあります。

 

■独立したホスピス
■病院の病棟の一部をターミナルケア用とするホスピス病棟
■医師や看護師が訪問して行う在宅ホスピス...など

 

スポンサーリンク