訪問看護制度、ポータブルトイレ、保健事業...

訪問看護制度とはどのようなものですか?

訪問看護制度というのは、
1991年の老人保健法改正により、

 

在宅において
寝たきりなどの高齢者を対象に創設されたものです。

訪問看護の業務内容は?

訪問看護は、
地域の保健所や病院から看護師が対象者の居宅を訪ね、

 

療養上の世話、
必要な診療の補助などを行います。

訪問看護制度の拡大について

訪問看護制度は、
1994年の健康保険法の改正によって、
次のようなものにも拡大されました。

 

■難病患者 
■重度障害者 
■末期がん患者 
■精神障害者...など

訪問看護師とはどのようなものですか?

訪問看護師というのは、
訪問看護ステーションや医療機関より派遣された看護師が、

 

医師の指示に基づき、
次のようなことを行う者のことをいいます。

 

■療養上の世話または診療の補助 
■食事や排泄、清潔など日常生活上の援助
■服薬管理 
■家族に対する介護指導 
■リハビリ 
■ターミナルケア

 

スポンサーリンク

ポータブルトイレとはどのようなものですか?

ポータブルトイレというのは、
座位を保つことができるけれど、

 

ベッドから離れてトイレまで移動することができない人のために使用する
トイレのことをいいます。

ポータブルトイレの種類は?

ポータブルトイレには、
使用する人の身体状況により、次のようなタイプのものがあります。

 

■ベッドから離れて使用できるタイプ
■ベッドサイドに設置して使用するタイプ

保健事業とはどのようなものですか?

保健事業というのは、
1982年に制定された老人保健法により、

 

40歳以上の中高年者を対象に、
生活習慣病の予防や健康づくり
などを目的として行われている事業です。

保健事業の内容は?

保健事業には、次のようなものがあります。

 

■健康手帳の交付 
■健康教育 
■健康相談 
■健康診査
■医療 
■機能訓練 
■訪問指導...など

 

スポンサーリンク