婦人相談所、婦人保護施設、フラストレーション、ベヴァリッジ報告...

婦人相談所とはどのようなものですか?

婦人相談所というのは、
売春防止法に基づいて、
都道府県に設置が義務づけられている機関です。

 

この婦人相談所の目的は、
性行や環境に照らして売春を行うおそれのある女性を保護し、
更生を図ることにあります。

婦人相談所の業務内容は?

婦人相談所では、
次のようなことを主たる業務としています。

 

■その女性が転落することを防止すること
■保護更生のために相談や指導、一時保護を行うこと...など

婦人保護施設とはどのようなものですか?

婦人保護施設というのは、
売春防止法に基づいて設置される社会福祉施設の1つです。

 

具体的には、
次のような女性を受け入れて保護し、
生活指導や職業指導などを行い、
その者の保護更生を図ることを目的とする施設です。

 

■売春歴のあるもしくは現に行っている女性
■性行や環境上売春を行うおそれのある女性

 

スポンサーリンク

普通徴収とはどのようなものですか?

税金や保険料などを公的機関が徴収する場合、
本人に直接請求して徴するのが普通の方法とされています。

 

なので、
これを普通徴収と呼びます。

 

なお、介護保険においては、
特別徴収ができない次のような人に限って、
普通徴収を行います。

 

■低年金者 
■無年金者 
■遺族年金受給者...など

フラストレーションとはどのようなものですか?

フラストレーションというのは、
欲求不満のことですが、

 

具体的には、
欲求があるにもかかわらず、
それが充足されないときの失望の心理状態のことをいいます。

 

このフラストレーションには、
外的障害によるものと、
内的障害によるものがあります。

 

なお、フラストレーションは、
満たされない心理状態ですから、
合理的な現実適応力の低下を伴います。

ベヴァリッジ報告とはどのようなものですか?

ベヴァリッジ報告というのは、
1942年にイギリスの経済学者であるベヴァリッジが、

 

「社会保険及び関連サービス」として、
イギリス政府に提出した報告書のことをいいます。

 

なお、このベヴァリッジ報告は、
これまで理念でとどまっていた社会保障に、

 

具体的内容を盛り込んだという点において
非常に画期的であり、

 

戦後のイギリスの社会保障体系※の基盤となりました。

 

※ゆりかごから墓場までのことです。

 

スポンサーリンク