パーキンソン病、排泄、長谷川式知能評価スケール、ハンセン病...

パーキンソン病とはどのようなものですか?

パーキンソン病というのは、
代表的な神経変性疾患の1つです。

 

中脳黒質細胞の変性によって
神経伝達物質であるドーパミンが著しく減少し、
種々の障害をもたらします。

 

なお、パーキンソン病は、
厚生労働省によって、特定疾患に指定されています。

パーキンソン病の症状は?

パーキンソン病は、
振戦・筋強剛・無動症などを生じ、
さらに加速歩行・前傾姿勢・仮面様顔貌などが現れます。

 

なお、
パーキンソン病の治療には、薬物療法が効果的です。

排泄とはどのようなものですか?

排泄というのは、
生物体が物質代謝の結果生じた
不用あるいは有害な物質を体外へ出すことをいいます。

 

高齢者の場合は、
排泄に関して機能低下による障害を起こしやすいですから、

 

健康の指標として
排泄の回数や状態などが重要になってきます。

排泄とオムツ使用について

排泄の世話を他者に委ねなければならなくなるということは、
自尊心を傷つけるおそれがあり、
また精神生活の低下にもつながりますので、
オムツ使用については慎重を期します。

 

スポンサーリンク

長谷川式知能評価スケールとはどのようなものですか?

長谷川式知能評価スケールというのは、
高齢者の知能スクーリングのためのテストシステムのことです。

 

具体的には、
記憶・見当識などの質問項目からなり、
30点満点で20点以下では認知症が疑われるとされています。

 

ちなみに、この長谷川式知能評価スケールは、
1991年にかつての長谷川式簡易知能評価スケールを改訂したものです。

ハンセン病とはどのようなものですか?

ハンセン病というのは、
らい菌の感染による慢性の伝染性感染症のことをいいます。

 

このハンセン病は、
種々の神経麻痺を起こします。

 

なお、従来は、
その伝染力が過大評価され、患者は強制隔離されましたが、

 

近年では、
感染についての科学的解明の進歩と
患者の人権確保の社会的動向とがあいまって、

 

1996年に強制隔離を規定していた
らい予防法が廃止されました。

 

これにより、
元患者らが国に謝罪と補償を求めていた裁判は、
2002年に和解が成立しました。

 

スポンサーリンク