超高齢化社会、長下肢装、特定療養費、読話、難病患者等居宅生活支援事業...

超高齢化社会とはどのようなものですか?

国際連合基準では、
65歳以上の人口(老年人口)が14%を超えた社会のことを
「高齢化社会」といいます。

 

ちなみに、日本では、
今後それを大幅に超え、
2020年には26.9%、2050年には32.3%と推計され、
どの国も経験したことのない「超高齢化社会」を迎えます。

長下肢装具とはどのようなものですか?

長下肢装具というのは、
下肢に運動麻痺があり、

 

主に膝関節の固定が困難で
体重をかけると膝折れが起きるときなどに使用するものです。

 

また、下肢全体に装着して
膝折れなどが起きないようにするための装具です。

特定療養費とはどのようなものですか?

特定療養費というのは、
1984年の国民健康保険法の改正に伴って設けられた支給制度です。

 

具体的には、
老人保健法による医療等の対象者に対して、

 

保険医療機関などで特別病室に入院したり、
特定承認医療機関で高度先進医療を受けるなど、

 

保険が適用されない特別な診療を受けた場合に、
保険の対象となる基礎的部分について保険の適用を行うものです。

 

スポンサーリンク

読話とはどのようなものですか?

読話(どくわ)というのは、
聴覚障害者のコミュニケーション手段の1つで、

 

具体的には、
話しをする人の口の形や動きから話を理解することをいいます。

 

なお、読話は、
手話など他のコミュニケーション手段と併用して使用することが多いです。

難病とはどのようなものですか?

難病というのは、
原因不明、治療法未確立、後遺症を残すおそれの多い
疾病のことをいいます。

 

また、難病は、
経過が慢性にわたり、経済的負担の大きさだけでなく、
介護など家族の負担が重い疾病でもあります。

 

なお、
1972年に当時の厚生省が難病対策要綱の中で示していますが、

 

難病のうち
厚生労働省が指定した疾患のことを「特定疾患」といいます。

難病患者等居宅生活支援事業とはどのようなものですか?

難病患者等居宅生活支援事業というのは、
難病患者等が、
地域において自立した生活および社会参加が
促進されることを目的として行われる様々な事業のことをいいます。

 

具体的な事業としては、次のようなものがあります。

 

■難病患者等ホームヘルプサービス事業
■難病患者等短期入所事業
■難病患者等日常生活用具給付事業
■難病患者等ホームヘルパー養成研修事業

 

スポンサーリンク