弱視、視能訓練士、住宅改良ヘルパー制度、住宅設備改善補助事業...

弱視とはどのようなものですか?

弱視というのは、一般的には
要因となる器質的変化が見られない視力障害のことをいいますが、

 

広義には、
レンズで矯正できない視力障害全般を意味することもあります。

 

この弱視は、
幼児期の視力発育期に、
何らかの阻害要因が作用したことが背景にあると考えられています。

視能訓練士とはどのようなものですか?

視能訓練士というのは、
視能訓練士法に基づいた国家資格をもつ職種のことをいいます。

 

この視能訓練士の業務は、
医師の指示のもと、
両眼の視機能に障害のある者に対して、

 

眼鏡矯正や手術矯正、
薬物療法などとともに、
矯正訓練や検査などを行うこととされています。

住宅改良ヘルパー制度とはどのようなものですか?

住宅改良ヘルパー制度というのは、
1993年度から開始された、
次の職種がチームを組んで、

 

高齢者および障害者の住環境の改善を目的とし、
相談およびアドバイスを行う制度のことをいいます。

 

■建築関係職種 
■福祉関係職種 
■保健医療関係職種

 

スポンサーリンク

住宅設備改善補助事業とはどのようなものですか?

住宅設備改善補助事業というのは、
高齢者の住みよい住宅にするための
改修工事を行うことを目的とした事業のことをいいます。

 

なお、
この住宅設備改善補助事業は、

 

各自治体で積極的に取り組んでいますが、
その事業内容にはバラつきがあるようです。

住宅金融公庫とはどのようなものですか?

住宅金融公庫というのは、
住宅の建設と購入などに必要な資金を貸してくれる特殊法人です。

 

この住宅金融公庫には、
高齢者同居世帯に対して、
割増貸付などがあります。

住宅扶助とはどのようなものですか?

住宅扶助というのは、
生活保護法による保護の種類の1つです。

 

具体的には、
困窮のため最低限度の生活を営めない国民に対して、

 

家賃、地代、補修費等住居や住宅維持のために
必要なものを給付します。

 

なお、こ
の住宅扶助は、
金銭給付を原則としています。

神経疾患とはどのようなものですか?

神経疾患というのは、
中枢神経と末梢神経からなる神経系の疾患のことをいいます。

 

スポンサーリンク