自尊心、視床下部、視聴覚障害者情報提供施設、市町村特別給付...

自尊心とはどのようなものですか?

自尊心というのは、
自己の尊厳を自覚的に実現していこうとする気持ちのことをいいます。

 

特に、病人・障害者・高齢者など
立場の弱い者の気持ちを尊重し、

 

その尊厳を保障することは社会的な課題となっていますから、
直接的に治療や看護・介護にあたるスタッフは、
相手の気持ちを十分に尊重する必要があります。

視床下部とはどのようなものですか?

視床下部というのは、
間脳の下部に位置する内分泌器官のことをいいます。

 

この視床下部は、
下垂体に作用する視床下部(脳下垂体)ホルモンを分泌し、
下垂体ホルモンの放出・抑制を司ります。

視聴覚障害者情報提供施設とはどのようなものですか?

視聴覚障害者情報提供施設というのは、

 

身体障害者福祉法に基づき設置される
身体障害者更生援護施設の1つです。

 

スポンサーリンク

視聴覚障害者情報提供施設の目的は?

この施設の目的は、
無料あるいは低額な料金で、

 

点字刊行物や聴覚障害者用のビデオ
その他各種情報を記録したもので、

 

主として
視聴覚障害者が利用できることにあります。

視聴覚障害者情報提供施設の種類は?

視聴覚障害者情報提供施設には、次のようなものがあります。

 

■点字図書館 
■点字出版施設 
■聴覚障害者情報提供施設

市町村特別給付とはどのようなものですか?

市町村特別給付というのは、
横出しサービスともいいますが、

 

これは、
介護保険制度で定める保険給付以外のサービスを
市町村が条例によって独自に決定したサービス※のことをいいます。

 

なお、
この市町村特別給付の財源は、
第1号保険料で負担します。

 

※配色サービスや移送サービスなどです。

社会復帰施設とはどのようなものですか?

社会復帰施設というのは、
障害のあるものが通常の社会生活を営むことができるように、

 

自立や自助のための訓練、
指導を行うことを目的とする施設のことをいいます。

 

スポンサーリンク