国際障害分類思案(ICIDH)、国際生活機能分類(ICF)、国民生活センター...

国際障害分類思案とはどのようなものですか?@

国際障害分類思案(ICIDH)というのは、
1980年に世界保健機関(WHO)が発表した
障害に関する国際的な分類のことをいいます。

 

具体的には、
障害の概念を、次の3つのレベルに分類したものです。

国際障害分類思案とはどのようなものですか?A

■機能障害 
■能力障害(能力低下) 
■社会的不利

 

なお、2001年5月には、
その改訂版として、「国際生活機能分類(ICF)」が採択されました。

国際生活機能分類とはどのようなものですか?

世界保健機関(WHO)は、
2001年に国際障害分類思案(ICIDH)を改訂し、

 

人間の生活機能と障害について、
次の3つの次元および「環境因子」等の影響を及ぼす因子で分類しました。

 

■心身機能・身体構造 
■活動 
■参加

 

スポンサーリンク

国際生活機能分類(ICF)の特徴は?

国際障害分類思案(ICIDH)では、
障害(機能障害、能力障害、社会的不利)という
マイナス面を分類するという考え方が中心であったのに対して、

 

ICFでは、
生活機能(心身機能・身体構造・活動・参加)という
プラス面からみるように視点を転換し、

 

さらに
環境因子等の観点を加えたところに特徴があります。

国民生活センターとはどのようなものですか?

国民生活センターというのは、
1970年に国民生活センター法により、

 

国民生活に関する情報の提供および調査研究
を行うことを目的として設立された特殊法人です。

国民生活センターの事業内容は?

国民生活センターの事業内容は、次のようなものです。

 

■消費者の調査および相談
■商品テスト
■企業の消費者問題担当者の教育および研修

腰掛便座とはどのようなものですか?

腰掛便座には、次の4種類があります。

 

■和式便器の上に置いて腰掛式に変換するタイプ

 

■洋式便器の上に置いて高さを補うタイプ

 

■電動式またはスプリング式で便座から立ち上がる際に
 補助できる機能を有しているタイプ

 

■便座、バケツなどからなり、移動可能である便器※
※居室において利用可能であるものに限ります。

 

スポンサーリンク